Staff introduction

64524048_10219847076751529_4112224383244
チョークアートの白墨堂 代表
講師
おざき ゆか
尾崎 有花

広島県福山市出身
天秤座 AB型

【絵を描くと人生が変わる】


私ができることってなんだろう?
私はなにになれるんだろう?

打ち込めるものがなにもなかった頃そんな風に思っていました。

本当はやりたいこと、挑戦してみたいことありませんか?

「わたし」を表現してみたら
ガラリと世界が変わります。

毎日仕事や子育てで終わってしまう…  私にはできることがない…

 

そう思っている方に

こんな世界があるよ!と
毎日を楽しんでもらえるようになれば。

という願いで活動しています。


2007年にチョークアート発祥の地オーストラリアに渡りチョークアートを学ぶ。
帰国し2009年より埼玉県さいたま市にて教室を開校。

尾崎の作品の魅力に加え、教え方が分かりやすいとの評判により全国各地から受講者が集まり、受講生徒数は500名以上。

現在卒業生の多くが全国各地で教室を開校、プロとして活躍中。

また日本ボードアート協会「黒板専科のB.Labo」の理事も務め、マーカーアートも含めた宣伝活動等を行っている。

彼女の創造する作品はいつも見る者に驚きと憧れを抱かせ、他の誰にも真似が出来ない。

カラフルな印象が強いチョークアートとは一味違ったアンティーク風作品、人物の頭上に沢山の夢を乗せたオリジナル作品、マーカーとオイルパステルのコラボ作品など常に進化するチョークアートを描き続けるチョークアート界のパイオニアである。

時々配信される

メルマガはこちらから ➤

黒板専科のビーラボ

HPはこちら  ➤

161992.jpg
チョークアートの白墨堂 横浜校
講師
狩野 あゆみ
かのう あゆみ

埼玉県川越市出身

天秤座 B型

【型にはまらず、自分の描きたい表現を】

落ち葉や木の実を拾ったり

押し花をしたり

よもぎを摘んで草餅を作ったり・・・

幼少期の頃から、絵を描くことにこだわらず、モノを作る事が好きでした。

大人になって、そんな機会はめっきり減り、

日々 仕事に追われる中で、ふいに出会ったチョークアート。

指を使って描く感覚は、幼少期の記憶をくすぐるような、

少し懐かしい最高に楽しい時間との再会でした。

あの頃に触れた自然を、大好きな世界を。

オイルパステルで表現出来たらとおもいます。

花屋で長年勤務していた経験から、知識も豊富な花の達人。
チョークアートで「花」といえば白墨堂の狩野あゆみと認識されるほどで、
協会や教室の枠を越えて全国からレッスン受講に訪れる生徒さまも多数。
「あんみ先生」の愛称で親しまれている。

白墨堂代表の尾崎有花に師事。その実力から全国で初の白墨堂支店である横浜校を開校。

結婚、第一子を出産後は作風にさらに母としての温かさも加わり、

新たな花のレッスンをスタートさせるなどますますパワーアップしている。

白墨堂横浜校

ホームページはこちら ➤

白墨堂横浜校

ブログはこちら ➤

161999.jpg
白墨堂 大宮校スタッフ
講師
神田 奈津江
かんだ なつえ

海や南国のモチーフを描くのが得意で、パキッとした葉っぱ、ピカッと輝く管楽器など

思わず見入ってしまう美しい作品を描くと共に

その独自の技法を優しく分かりやすく教えるレッスンが好評の「なっちゃん先生」

一男一女の母で主婦でもあるがフットワークが軽く多才で

あらゆるミッションをこなしてしまう。

また子ども達にチョークアートの楽しさを教えたいという夢を

白墨堂キッズクラスの担当講師になることで実現させている。

見た目も性格も描く作品も常夏のイメージが強く「なつえ」という名前から夏生まれと思われがちだが、

実は3月生まれ。

神田 奈津江

ホームページはこちら ➤

神田 奈津江

ブログはこちら ➤

埼玉県さいたま市

A型

161998-1.jpg
白墨堂 大宮校スタッフ
講師
ますだ もとみ
増田 元美

【いつからでもスタートできる】

チョークアートに出逢うまで

心の底からやりがいを感じる仕事に就いたことがなかったわたしが、

チョークアートに出逢ったのは
40歳になろうとしていた頃でした。

育児、主婦業、アルバイトと並行して

白墨堂にチョークアートを習いに通いだした頃から、

少しずつ何かが変わっていきました。

いつからでもきっとスタートできます。

本当にやりたいと思うことがここにあるかもしれません。
 

まずはチョークアートに触れに白墨堂へ来てみませんか?

青森県五所川原市出身

AB型

鳥や動物が大好きで、チョークアートでリアルな毛並みを

描くことに喜びを感じている。

 

気が付けば作品は鳥だらけになっていて、もはや

「もとみ先生」ではなく「もとり先生」かも…??

 

鳥好きのルーツは、赤ん坊の頃に父親が

ケガをして動けなくなっていた鳩を保護し自宅の部屋で

飼っていたそうで、その鳩とともに育ったことにあるとみられる。

 

帰宅すると真っ先に愛鳥たちにただいまの挨拶をし、

一日が終わった後のビールを楽しみにしているが

それを飲み切る前に寝落ちしてしまうのが悩み。

増田 元美

インスタはこちら ➤

  • Instagram

増田 元美

ブログはこちら ➤

【自分が知らない自分に出会う】

子どもの頃から絵を描くのが好きでしたが、

わたしはいたって普通の専業主婦でした。

家事と育児に追われる日々を過ごしていく中で

出会ったチョークアート。

絵は正直です。
わたしが好きな色、好きなもの、得意なこと、苦手なこと、、、

わたし自身も知らなかった自分に出会えました。

チョークアートを通して、

まだ自分が知らない自分に出会ってみませんか?